クリスマス・カロル

ディケンズ著、『A CHRISTMAS CAROL』。
邦題は『キャロル』じゃなくて『カロル』。
この文庫本にはそう書いてあるから、私の脳みそには長年『カロル』で記憶されてて、
『キャロル』って言われると違う本みたいに感じる(´∀`;)

f24dec2014.jpg

強欲で傲慢な超ムカつくじいさんが、クリスマスイブに出会う奇跡。
平凡な話なんだけど、読後感がほんわかしてて、絵本になるのも頷ける。

誰かと過ごすクリスマス、ひとり静かなクリスマス、
残業クリスマスでも体調最悪クリスマスでも金欠クリスマスでも、
どこかで想ってくれる誰かのおかげで、心の中に灯がともる。


スクルージには誰もいないと思ったけど。


マーレイがいた。


…………………………………………

閲覧ありがとうございます。
ブログ村ランキングに参加しています。
下のバナーをぽちっと押していただけるととっても励みになります。
(ブログ村ランキング結果が表示されます。)

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ

未来は変えられる。その鎖を解くのは、自分自身。
…………………………………………

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

2014-12-24 : 小説 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

おはようございます
村岡花子さんの訳なのですね。
村岡さんがディケンズを訳していたんですねー。
なんとなく意外でした。

「カロル」っていい響きですね。
今夜は、仕事なのですが、クリスマス・カロルを
思い出して楽しくがんばります。
2014-12-25 07:50 : 森須もりん URL : 編集
森須もりんさんへ
こんばんは!
今日も一日お疲れさまでした!!

そう言えばそうですね。
村岡花子さんって、児童文学のイメージですものね。
絵本にもなってるお話だから、ご縁があったのでしょうか。
2014-12-25 19:29 : miyuki URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

にほんブログ村ランキング

ランキングに参加しています。
よろしければぽちっとしていただけると励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

miyuki

Author:miyuki
.....................................................

飾った雑貨を眺めてニヤつき、
何度失敗しても懲りずに植物を育て、
へたの横好きで編み物をし、
合間に何かを読み散らかした挙句、
結局全部放り投げてわんにゃんと遊ぶ。

自己流と自己満足と適当万歳な暮らし。

今も昔も愛知県在住、
40代・♀・O型・ふたご座・左利き。
好きな言葉は『なんとかなる』

あんは2009年4月3日生まれ

のんは2017年5月5日生まれ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ページビューランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR