この闇と光

服部まゆみ著、『この闇と光』。
1998年発表のゴシックミステリー。

失脚した父王とともに、小さな別荘に幽閉されている盲目の姫君・レイア。
レイアの心に暗い影を落とすのは、
意地悪な侍女ダフネや、階下にいる他国の兵隊たち。
しかし、
優しい父王があふれるほどの愛と美と知を与えてくれる、満ち足りた毎日。

甘く香る、耽美な世界。
まるでおとぎ話のような。

f26jul2016.jpg

・・・と、ここまでが前半。
途中でぽつぽつと出てくる違和感が次第に大きくなり、
後半で世界が反転することによって、それが腑に落ちる。

「あああ!ここで終わるなんてっ!あと一押し!!」っていうラストは、
好き嫌いが分かれそうだけど私は好き。
後半が怒涛の展開だけに、余韻が残る。


ミステリーとしては突っ込みどころ満載なので、
そこはゆるく流しつつw、闇の中で輝く光と、光の奥に潜む闇をご覧あれ。


…………………………………………

閲覧ありがとうございます。
ブログ村ランキングに参加しています。
下のバナーをぽちっと押していただけるととっても励みになります。
(ブログ村ランキング結果が表示されます。)

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ

どっちかっていうと女性向きかも(。・ω・。)お姫さまネタとかね
…………………………………………

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

2016-07-26 : 小説 : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
ふむふむ。ミステリーはあまり読まないので。。。
こちらはどうかはわかりませんが、まずは虹の~を図書館で予約中です
2016-07-27 08:04 : honnohon URL : 編集
No title
調べたら 図書館の書棚以外に埋蔵されているようです
発掘して来てもらおう
先日も 有栖川有栖の 本を何冊か 発掘してもらった
テレビで 前シーズンかドラマ化された 火村助教授のドラマの俳優さんが よくってね
ええ 好きな俳優が出てたんです 名前は覚えてないけど 関西弁が どんぴしゃりで デスノートにも出てた 最近で出した俳優さん 
もう役が はまってて 頭の中では この主人公2人の俳優さんで 物語りが進行中 で 一気に 火村シリーズを読みたくなり捜してもらいました
おおこれが テレビで使われた 作品だなってのも ちょくちょく
読んでて ぶち当たります
今も調度 テレビでやってた長編を読書中
犯人わかってても 面白いー!
テレビって うまい具合に 色んな作品つなげてあるもんですね
2016-07-27 09:03 : レオンのかあちゃん URL : 編集
honnohonさんへ
『虹の〜』、興味を持っていただいたなんて光栄です!
予約中ってことは、どなたか借りてる方がいるのですね♪
メジャーな本ならともかく、
こういうマイナー気味な本は、同じのを読んでる方がいると嬉しくなっちゃう(’-’*)
2016-07-28 16:34 : miyuki URL : 編集
レオンのかあちゃんさんへ
この本はすでに絶版になってたらしいんですけど、
ちょっと前に新しい装丁で復刊したみたいです。
と言っても文庫本ですが・・・(’-’*)
単行本は絶版のままだと思うし、発行年も古いし、
奥にしまわれているんでしょうね。

活字で読むのと映像で見るのとでは、違った楽しみがありますもんね。
自分の脳内イメージとは違う感じで映像化されると、少しガッカリしちゃうけど。(笑)
私はねー、
東野圭吾氏のガリレオシリーズの湯川教授を演じたのが俳優の福山くんっていうのは、
イケメンすぎるんじゃないかと思うんですよね〜(笑)
2016-07-28 16:47 : miyuki URL : 編集
No title
早速 借りて来て 一気に読みました
おとぎ話も 好きなんですが うんなんか現代が交じってるなと思いつつ 読み進めました
色んな どんでん返し
最後は う~ん 辿り着いたで 正解?


たしかに 福山雅治では ちょっとかっこ良過ぎるかな
有栖川有栖は 作品中に作家と同名の推理作家が 脇役で出てきます それを窪田正孝という 俳優が演じているんですが イメージに ぴったり
まぁ 主人公の俳優さんも まさにどんぴしゃりで 脳内変換で読み勧めています
新参者の 阿部寛もイメージどうりだったなぁ
ドラえもんなんか 声ちがっちゃったら もうドラえもんじゃない感じが ありありすぎて 卒業しました
イメージって 大切ですよね

2016-07-28 18:19 : レオンのかあちゃん URL : 編集
レオンのかあちゃんさんへ
わあ♪早いですね!
興味を持っていただけたなんて光栄です。

最後は・・・
そう思いたいですね♪

配役が合致すると嬉しいですよね(’-’*)
話の流れやラストが原作とちょっと変えてあっても許せちゃう(笑)
そうそう!声も大事ですね。
ドラえもんは、自分の成長と共にあった漫画だから、
慣れるのには特に時間が必要だったかも。
地域の盆踊りで流れる『ドラえもん音頭』は、
今でも大山のぶ代さんの歌声ですけどね〜(笑)
2016-07-29 13:34 : miyuki URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

にほんブログ村ランキング

ランキングに参加しています。
よろしければぽちっとしていただけると励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

miyuki

Author:miyuki
.....................................................

飾った雑貨を眺めてニヤつき、
何度失敗しても懲りずに植物を育て、
へたの横好きで編み物をし、
合間に何かを読み散らかした挙句、
結局全部放り投げてわんにゃんと遊ぶ。

自己流と自己満足と適当万歳な暮らし。

今も昔も愛知県在住、
40代・♀・O型・ふたご座・左利き。
好きな言葉は『なんとかなる』

あんは2009年4月3日生まれ

のんは2017年5月5日生まれ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ページビューランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR